独り者だと言い争いすらできないから意外とさびしいんだよね。私には見方をきっちり持っているおもしろい人がお似合いなんかな。配慮しないといけないのは、いざというときにちゃんと勇気をもって挑戦することね。ま、少しずつ前進していけばいいさ。急にがんばっても疲れるだけね。

今わたしは外貌がお洒落なオンナになれるように精進の継続なのよ。いまだに異性占いはブームなのだろうか?やってみたら予想外に当たるかも!?昨晩偶然知り合ったサラリーマン風の人にはちょっとワンサイドラブのときの気持ちに近いものを感じたな(*^^*)。

しかし無益な交際だけはイヤだ。まだフィアンセもいないくせに日常的にハネムーンのことを妄想する無駄な日々を過ごしております(笑)。あ。そうそう、下ネタ好きな仲間によると、男心は艶っぽさで変えられるという単純なものだそうだね。先輩の夫婦は悶着が絶えず大変と言っていたけど、結婚相手がいるだけうらやましい(-_-;)。

多少の違和感はあっても直感は大切にしたいわたし(^^;)。ワタシもまだまだ大人になりきれていないってことですね。ずっと独りぼっちなのを回避するポイントは人柄を磨くことだと思うなあ。

ゴージャスなのは

きちんとした意見を持っている大人な男も結婚相手としてはいいよね。オンナのあたしでも綺麗な女を見かけると視線がいくからね。ゴージャスなのはいいなあ。うらやましい。

なにげに職場恋愛を狙っているけど、たいていの場合は難しいのよね。けどいまだにラブロマンスの古傷があって躊躇しちゃうんだよね。こっそりラッキーな妄想とかしちゃいそう♪

とはいってもわりと私って上手にやっているほうだよね。いろいろな生活スタイルがあるけど、相手を受け止めることは交際するなら必須だと思うね。話は変わるけど、結婚活動 に関しては暇を作らないというのは鉄則なのよ。

直感を信じて生きていきたいよ、ほんとうに。ところで、料理のできる女には憧れるなぁ。見習おう。いくら高身長のオトコでも経済力はアピールポイントとして大切よね。

比較的個性は

化粧品とか服装とかは、できるだけ女ごころを反映したものがいいね。彼にするなら寂しいときはいつでもそばにいてくれるメンズがいいさ。あたしには立場をきっちり持っている面白い人がお似合いなのかなあ。是非ちょっと常識のない性格をなんとかしてみたい気もするし。悩みの種が多いなあ。

わたし、比較的個性はいいほうだと思うんだよね。ぜんぜんOKよね。OLやっている友達はベタボレな瞬間はいつも空回りトークをしてしまって悩みの種なのだそうだ。そうそうでも婚活を始めてみたものの、依然としていろんなことが辛い。

理想が高い位置にあるワタシにはたくさんの挑戦が必要だよねぇ。来週の金曜日は学生時代の仲間で集まるから、いい人いたら紹介してもらおう、っと。たいていの場合、初対面の男に対しての愛情表現をアップさせるといいらしいね。

厳選に厳選を重ねているうちに好みな男性はとられていくのよねぇ。お見合いというのは結婚適齢期を過ぎたひとがするものなのかな。って、わからない。